人生の多角化

エンジニア(Engineer)に役立つキャリアメディアです。テクノロジーを利用した働き方やエンジニアに役立つ情報を提供していきます。

エンジニアの35歳定年説は本当?

エンジニアの方なら、一度は聞いた事がある言葉に、35歳定年説があります。

もしかすると、20代のエンジニアの方は、聞いた事がないかもしれません。

いまとなっては、死語と呼ばれる言葉になってしまったかもしれません。

35歳定年説はなぜ生まれて、なぜ聞かなくなったのか。

今回は、35歳定年説に迫ります。

目次

  1. 35歳定年説とは
  2. 35歳定年説を聞かなくなった理由
  3. 生涯現役エンジニア
  4. まとめ

1. 35歳定年説とは

エンジニアの35歳定年説は、IT業界が生まれて聞こえてくるようになった言葉です。

昔のIT業界のエンジニアは、徹夜が当たり前の仕事と言われていました。

IT業界で長く働いているエンジニアに話を聞くと、

「納期に追われながらシステム開発に携わる必要があり、納期が近づくにつれて、徹夜で仕事を終わらせなければならなかった。」

と言った話も聞いたことがあります。

そんなハードワークという事もあり、エンジニアは体力勝負の仕事と言われていました。

35歳定年説は、体力が衰えてくる35歳までしか働きにくいという、肉体の老化が影響して生まれた言葉と言えます。

2. 35歳定年説を聞かなくなった理由

近年のエンジニアの労働環境は整備されています。

IT業界だけでなく、多くの産業でテクノロジーの利用が進み、エンジニアに対するニーズが高まるにつれて、より働きやすい環境になっています。

また、政府の働き方改革への注力もあり、働きやすい環境の整備が多くの企業で進展しています。

エンジニアに対する需要と働き方改革に対する政府の方針がマッチした事で、エンジニアの働き方の柔軟性は増しています。

オフィス外で働けるリモートワークや在宅勤務など、ライフステージに合わせた働き方を実現できる会社も増えています。

長時間労働で締め切りに追われて働かなければならない、昔のエンジニアのイメージとは全く違った環境になっています。

3. 生涯現役エンジニア

今のエンジニアは、35歳定年説ではなく、生涯現役を目指せる職業に変わったと言えます。

ライフステージに合わせて、働く環境や会社をチェンジして、柔軟に働けるのが、現代のエンジニアです。

技術力を活かしてフリーランスを目指したり、働きやすい企業へ転職をしたり、多くの選択肢が現代のエンジニアにはあります。

生涯現役を目指して、ライフステージに合わせた柔軟な働き方を実現することができることが、エンジニアの特徴になっています。

4. まとめ

エンジニアの35歳定年説は、もはや忘れさられた言葉と言えます。

40歳、50歳、60歳になっても、生涯現役で働けることがエンジニアの新しい働き方と言えるでしょう。

スキルを高めることで、柔軟な働き方を実現できるでしょう。