人生の多角化

就活コンサルタントのキャリア論!!就職・転職(誰も話さない転職のリアル)・働き方改革・副業ver.東証一部上場企業

【働き方改革】三井住友海上(MS&ADホールディングスグループ)

保険業界においてワークライフバランスの推進が進む中で、『三井住友海上』の【働き方改革】に注目が集まっています。

『三井住友海上』では、あっと驚く【働き方改革】にチャレンジしています。

まずは、その前に、【働き方改革】ってどんな事するのか疑問を抱いた方は、こちらをご参照下さい。

myself-mylife.hatenablog.com

実際にどんなことに取り組んでいる企業があるのか気になる方は、 保険業界で活躍する『日本生命』の【働き方改革】は、こちらをご覧下さい。

www.xn--u9jy52gy5c8vhxk3bq7za.com

損保業界で活躍する『東京海上日動』の【働き方改革】をご覧下さい。

www.xn--u9jy52gy5c8vhxk3bq7za.com

では、『三井住友海上』の【働き方改革】をご覧下さい。

目次
  1. イクメン休暇の導入

  2. 在宅勤務制度の導入

  3. 原則午後7時退社の取り組み

  4. 結論!!

1. イクメン休暇の導入

『イクメン休暇』は、その名の通り、育児に参加する男性の為の休暇です。

『三井住友海上』は、男性社員の育児への参加を応援することを目的に『イクメン休暇』を設けています。

『イクメン休暇』を活用することで、奥さんの出産に際して3日の有給休暇を取得できます。 旧態依然の企業では、出産の立会よりも仕事を優先することを美徳とする企業が多くあります。

『三井住友海上』は、本来の人となりを尊重する企業であります。

2. フレックスタイムの導入

『三井住友海上』は、自分自身で勤務する時間を選択できるフレックスタイムを導入しています。 働くママにとって、フレックスタイムの取り組みは、非常に重要です。

保育園や幼稚園の送り迎えの時間を考慮して、働く時間を設定できることは、 子育てしながら働くママの強い味方です。

3. 原則午後7時退社の取り組み

『三井住友海上』は、午後7時退社を徹底しています。

午後7時に退社して持ち帰って仕事をしているのではないか?と疑問を抱くかもしれませんが、 『三井住友海上』は、午後7時退社を実現する為に、IT化による業務の効率化を推進しています。

4. 結論!!

『三井住友海上』の【働き方改革】 いいね!!

『三井住友海上』 いいね!!

『三井住友海上』は、あっと驚く人事制度を駆使しして【働き方改革】に本気で取り組んでいます。

育児を女性だけに押し付けるのではなく、男性社員の育児への取り組み姿勢を改革しています。

【働き方改革】は、意識改革から始まると言っても過言ではありません。 トップの【働き方改革】への熱い想いが伝わってきます。

『三井住友海上』は、これからの損保業界の一つのロールモデルと考えられます。

金融機関に就職を考えている就活生に、『三井住友海上』はアリです!

現在、読者募集中です。気に入って下さった方は、下をクリックして下さい。

モチベーションが高まります!!

宜しくお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://blog.hatena.ne.jp/myselfmylife/myself-mylife.hatenablog.com/subscribe/iframe ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑