人生の多角化

就活コンサルタントのキャリア論!!就職・転職(誰も話さない転職のリアル)・働き方改革・副業ver.東証一部上場企業

【働き方改革】損保ジャパン日本興亜

先日、今年の就職人気ランキングの上位も金融業界が占めているという記事を拝見しました。

就職人気ランキングとはきっても切り離せない、【働き方改革】の取り組み具合。

今回は、金融業界の中の保険業界で【働き方改革】に注力している「損保ジャパン日本興亜」に迫ります。

「損保ジャパン日本興亜」の【働き方改革】の前に、まずは、【働き方改革】の全体像をご確認下さい。

myself-mylife.hatenablog.com

同じ保険業界で活躍する「日本生命」の【働き方改革】は、こちらをご覧下さい。

www.xn--u9jy52gy5c8vhxk3bq7za.com

では、「損保ジャパン日本興亜」の【働き方改革】をご覧ください。

目次
  1. 時差出勤(シフトワーク)の導入

  2. テレワークの導入

  3. 年間14日の有給休暇取得の義務化

  4. 結論!!

1.時差出勤(シフトワーク)の導入

時差出勤は、勤務の時間帯を自分で選択できる制度です。

「損保ジャパン日本興亜」は、従来のシフトで働く仕事(カスタマーセンターなど)以外にもシフトワークを導入しています。

シフトワークを導入して、自分のペースで働くことで生産性の向上に繋がります。

満員電車での通勤を避け、無駄に消耗することなく、一日を過ごすこともできます。

もちろん、家庭の事情で早く帰る必要がある際も時差出勤を活用して、家庭と仕事のバランスを図れます。

2.テレワークの導入

保険業界において、テレワークの導入は進んでいます。

テレワークを導入する事で、これまで会社が決めていた「働く場所」と時間を自分で選択できるようになります。

自分のパフォーマンスは自分で管理する姿勢は求められますが、自分のパフォーマンスが最大に発揮できる環境で働くことで生産性を高めることに繋がります。

生産性を高めることは、勤務時間の短縮にも繋がり、ワークライフをバランスさせることができます。

3.年間14日の有給休暇取得の義務化

損保ジャパン日本興亜では、有給休暇取得を義務化しています。

有給休暇取得を推奨している企業は多数ありますが、義務化している企業はまだまだ少ないです。

なかには、有給休暇を取得した場合、人事評価を下げる企業もあります。

メリハリを効かせた労働環境を整備していることが、就活生に選ばれる要因の一つであります。

4.結論!!

「損保ジャパン日本興亜」は、積極的に【働き方改革】にチャレンジしています。

時差出勤とテレワークを活用すれば、柔軟な働き方が実現できると言っても過言ではありません。

一つの仕組みを導入するだけでなく、戦略的に【働き方改革】に取り組んでいる企業が「損保ジャパン日本興亜」です。

就活生や転職を検討中の方にオススメの企業です。

現在、読者募集中です。気に入って下さった方は、下をクリックして下さい。

モチベーションが高まります!!

宜しくお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://blog.hatena.ne.jp/myselfmylife/myself-mylife.hatenablog.com/subscribe/iframe

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑