人生の多角化

就活コンサルタントのキャリア論!!就職・転職(誰も話さない転職のリアル)・働き方改革・副業ver.東証一部上場企業

【働き方改革】日本生命

【働き方改革】 日本生命

テレワーク・デイが大企業を席巻する中で、金融業界の【働き方改革】に注目が集まっています。

今回は、金融業界の中でも保険業界でシェアを伸ばしている「日本生命」の【働き方改革】に迫ります。

「日本生命」の【働き方改革】の前に、まずは、【働き方改革】の全体像をご確認下さい。

myself-mylife.hatenablog.com

同じ金融業界の3メガバンの【働き方改革】は、こちらをご覧下さい。

「三菱UFJ銀行」の【働き方改革】

www.xn--u9jy52gy5c8vhxk3bq7za.com

「三井住友銀行」の【働き方改革】

www.xn--u9jy52gy5c8vhxk3bq7za.com

「みずほ銀行」の【働き方改革】

www.xn--u9jy52gy5c8vhxk3bq7za.com

では、『日本生命』の【働き方改革】をご覧ください。

目次
  1. ストレスチェックの導入

  2. 女性の管理職比率20%必達目標の設定

  3. 育児休暇取得の推奨

  4. 介護休暇取得の推奨

1.ストレスチェックの導入

大企業で導入が進んでいるストレスチェックを日本生命も導入しています。

仕事に全力で取り組む中で、知らないうちにストレスを溜めている事も多くあります。

知らないうちに感じているストレスをストレスチェックで見える化する事で、社員の健康状態を把握でき、労災の不幸を減らすことに繋がります。

2,女性の管理職比率20%必達目標の設定

日本生命は、女性の管理職登用に積極的に取り組んでいます。

大企業では、女性の管理職比率が低い傾向にある中で、女性の活躍の場が整備されています。

男性も女性もフラットに評価する事で企業としての業績の向上に取り組んでいます。

日本生命は、女性がイキイキと働ける職場であります。

3.育児休暇取得の推奨

育児と仕事の両立が図れる仕組みを日本生命は導入しています。

育児と仕事の両立を支援する仕組みは、女性が働き方を変えるキッカケになります。

育児だから仕事を諦める必要はなく、育児も仕事も諦めない!

育児休暇を活用する事で、育児と仕事をバランスさせる事が可能になります。

4.介護休暇取得の推奨 年間20回を上限に介護休暇の取得が可能です。

介護は、家族の協力が不可欠です。

急な介護で仕事を休まないといけなくなったとしても、介護休暇を活用する事で会社を辞める必要がなく、働き続けることができるのは素晴らしいことです。

5.結論!!

「日本生命」は、女性が活躍できる【働き方改革】へ取り組んでいます。

女性の【働き方改革】の流れを作っているのは、日本生命と言っても過言ではありません。

女性も男性も、能力のある人はフラットに評価される企業は組織として素晴らしく感じます。

就活生や転職を検討中の方にオススメの企業です。

現在、読者募集中です。気に入って下さった方は、下をクリックして下さい。

モチベーションが高まります!!

宜しくお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://blog.hatena.ne.jp/myselfmylife/myself-mylife.hatenablog.com/subscribe/iframe

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑