人生の多角化

就活コンサルタントのキャリア論!!就職・転職(誰も話さない転職のリアル)・働き方改革・副業ver.東証一部上場企業

【働き方改革】 ユニ・チャーム

働き方改革が話題になっている昨今!!

生活消費財で有名な企業、『ユニ・チャーム』の働き方改革に注目が集まっています。

生活消費財??

そんな難しい言葉を使わないでよ、、、、

って、感じたそこの貴方!!

『ユニ・チャーム』は、『紙おむつ』で有名になったメーカーです。 お子様からお年寄りまで一度はお世話になっている商品です!

今回は、『ユニ・チャーム』の働き方改革をお伝えします。

まず始めに、働き改革ってどんな事をするのかこちらの記事で確認して下さい。

myself-mylife.hatenablog.com

具体的にどんな企業が働き方改革に取り組んでいるのか気になる方は、 ネット業界の革新企業『サイバーエージェント』の働き方改革をご覧下さい。

t.co

【働き方改革】のイメージはつきましたか? では、ユニ・チャームの働き方改革をお伝え致します。

目次
  1. プレミアムフライデー

  2. 在宅勤務制度

  3. インターバル勤務制度

  4. フレッシュアップ休暇

  5. 結論!!

1.プレミアムフライデー

大手企業では様々な企業に広がっていますが、もちろん、『ユニ・チャーム』も導入しています。 月末金曜日は、15時には帰宅できる素晴らしい制度です。

まさに、ワークライフバランスを整える為の制度と言っても過言ではありません。

一時期、プレミアムフライデーをやっても全然消費が増えないからプレミアムフライデーは失敗だったと言われていましたが、社員にとっては家族で過ごす時間を増やせて成功していると言っても過言ではありません。

確かに、消費は増えていませんが、家族の絆が増えた家庭は沢山あります!!

2.在宅勤務制度

『ユニ・チャーム』では、在宅勤務制度を導入しています。

いわゆる、テレ・ワークです。

一日単位で月に4回利用可能です。

家で仕事するのはもちろん、カフェやコミュニティスペースで仕事に取り組む事で生産性を向上できます。

『ユニ・チャーム』が素晴らしいのは、『テレ・ワーク』の導入を全社員に推し進めている所です。

全社的に推進する事で誰もが利用できる制度に昇華している部分が、『ユニ・チャーム』の強さに繋がっています。

3.インターバル勤務制度

22時以降の勤務を原則禁止して、勤務後翌日の勤務開始まで8時間以上の休息を義務化する制度です。

社員の健康の増進作用だけでなく、業務の生産性向上にも活用できる制度です。

退勤時間を会社が明確に提示する事でメリハリを持って業務に取り組めます。

4.フレッシュアップ休暇

長期間勤続している社員が、連続した長期休暇を取得できる制度です。

勤続年数に応じて2日〜10日間の特別休暇を利用できます。

長い年月を一社で仕事を続けていると日常から離れてリフレッシュしたい瞬間がでてきます。 フレッシュアップ休暇を活用して自分の人生を豊かにできる時間を会社が確保します。

『ユニ・チャーム』は社員思いの会社であると言えます。

結論!!

ユニ・チャームの【働き方改革】 いいね!

ユニ・チャーム いいね!!

ユニ・チャームは、社員のワークライフバランスを整える事が会社の成長に繋がると考え取り組んでいる企業です。

ユニ・チャームの従業員定着率が高い理由は、様々な人事制度によって裏付けされています。

社員が定着する事でナレッジが溜まっていく企業と社員が定着しないナレッジが流出していく企業では、会社の業績が全く違ってきます。

社員と共に成長していく姿勢がユニ・チャームの取り組みには溢れています。

ユニ・チャームは、【働き方改革】の先進企業と言っても過言ではありません。

メーカーで働きたい就活生や転職者にオススメの企業です!!

ユニ・チャームの【働き方改革】を参考にする企業が増える事で【働き方改革】の連鎖反応に繋がることを期待しています。

現在、読者募集中です。気に入って下さった方は、下をクリックして下さい。

モチベーションが高まります!!

宜しくお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://blog.hatena.ne.jp/myselfmylife/myself-mylife.hatenablog.com/subscribe/iframe

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑