人生の多角化

パラレルキャリアを目指す、東証一部上場企業正社員の副業、節約、就職、転職(誰も話さない転職のリアル)ブログ。 コストパフォーマンスの向上を目指してfeat.スマホブロガー(全記事スマホで作成)ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

今日は、6月29日!就活解禁から29日!(◎_◎;)最後にコレだけは確認したいヽ( ̄д ̄;)ノ最終面接までの【会社に対する質問】の回答パターン(╹◡╹)

今日も就活生向けの内容ですヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

最終面接前に確認しておきたい質問!!(◎_◎;)


前回は、【自分に対する質問】についてお伝えしましたヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

前回のおさらいは、コチラ!


今回は会社への質問についてお伝えいたします。


【会社に対する質問】は、君はどれくらいうちの会社の事を調べていますか?ちゃんと、うちの会社の研究してますか?

って質問です(╹◡╹)



・志望動機を教えてください
・うちの会社を選ぶ理由は?
・5年後10年後どういったことをしたいですか?

これらの質問は、うちの会社の事をどれくらい調べてきてるかを問うてきています。


これに対する対処も単純です(╹◡╹)


会社のこれまでとこれからを調べて、貴方のやりたい事の延長戦で回答するだけです。

ここの部分が、1つのポイントになります!

例えば、海外にも名が知れている企業に応募した際に、5年後10年後、海外で働きたい。
私は、海外に留学して海外の友人と会社をつくり経営してきた経験があり、海外の知見を活かせます。
こんな内容で回答したとします。

海外で経営してきた、、、、、
スゴイ!(◎_◎;)

見るからに、凄そうな人の凄そうな回答にみえます。

ただし、これ、企業によっては落ちます。
もちろん、海外展開をどんどん進めている企業では喉から手がでるほど欲しい人材です。

海外展開をどんどん進めている企業では!!

逆に、競合が海外展開を推し進めている場合はや過去に海外展開を失敗してしまっている企業や海外に進出することに抵抗感がある企業であればそれは不適切な回答に該当します。

特に、競合が海外展開を競合していた場合は要注意!!(◎_◎;)

私の友人は、ドコモの最終面接で海外の話から海外展開の話をした際に、役員から『海外ならソフトバンクでいいよね』『うちは国内強化してます』と直々に言われて不採用でしたよ(╹◡╹)



結局、企業研究が出来ていないって事!

貴方のやりたい事の延長戦に企業の進みたい未来がないとなかなか厳しいです。
これは、どんなスゴイ大学卒業していても同じです。

企業研究を疎かにして、自分がやりたい事!やりたい事!やりたい事〜〜!!
では、内定確率は上がっていきません。

企業の方向性に合わせた回答を意識していきましょう!!

皆の就活の成功を祈っています
(╹◡╹)